【美容室の就職活動完全ガイド】成功する為のポイント

美容師としてのキャリアをスタートさせるために、美容室への就職活動は避けて通れない重要なステップです。本記事では、美容室選びから履歴書・ポートフォリオの作成、面接対策、実技試験の準備まで、成功するための具体的な方法を詳しく解説します。初めての就職活動で不安な方も、この記事を読めば安心して一歩を踏み出せるでしょう。プロフェッショナルな美容師を目指すあなたに、役立つ情報が満載です。

 

Youtubeでも解説中

 

美容室の就職活動とは?

美容室の就職活動とは、美容師としてのキャリアをスタートさせるための重要なステップです。美容専門学校を卒業した後、多くの美容師は自分に合った美容室を見つけ、そこでの勤務を通じて技術を磨きます。美容室での仕事は、技術力だけでなく、コミュニケーション能力やサービス精神も重要です。就職活動では、自分のスキルや経験を最大限にアピールすることが求められます。

美容室就職の基本的な流れ

美容室への就職活動の流れは以下のようになります:

  1. 自己分析と目標設定
    自分がどのような美容師になりたいのかを明確にし、目標を設定します。
    自分の強みや弱みを分析し、それを基に就職先を選びます。
  2. 情報収集
    求人情報を集めます。美容専門学校のキャリアセンターや求人サイト、SNSなどを活用します。
    美容室の評判や働き方、教育体制などをリサーチします。
  3. 履歴書とポートフォリオの作成
    履歴書には自己PRや志望動機、学歴・職歴などを記載します。
    ポートフォリオには、自分がこれまでに行った施術の写真や、作品をまとめます。
  4. 応募
    興味のある美容室に履歴書とポートフォリオを送ります。
    応募する際には、カバーレターを添えると良いでしょう。
  5. 面接と実技試験
    書類審査が通過したら、面接や実技試験が行われます。
    面接では、自分の強みや美容室で働きたい理由をしっかりと伝えます。
    実技試験では、技術力やセンスが評価されます。
  6. 内定と入社手続き
    面接や実技試験に合格すると内定が出ます。
    内定後は、入社手続きを行い、入社前に必要な準備をします。
  7. 入社後の研修と試用期間
    入社後は、研修や試用期間を経て、正式に美容師として働き始めます。

 

美容師としてのキャリアパス

美容師としてのキャリアパスは多岐にわたります。以下に主なキャリアパスを紹介します:

  1. アシスタント
    新卒の美容師はまずアシスタントとして働き始めます。
    シャンプーやカラーリングの補助、清掃など基本的な業務を行います。
  2. スタイリスト
    アシスタントとしての経験を積んだ後、スタイリストに昇進します。
    カットやパーマ、カラーリングなど、顧客に対する施術を行います。
  3. トップスタイリスト
    経験を積み、技術力や顧客からの信頼を得たスタイリストはトップスタイリストになります。
    高い技術力とセンスが求められます。
  4. サロンマネージャー
    サロンの運営やスタッフの管理を行います。
    経営的なスキルやリーダーシップが必要です。
  5. 独立・開業
    経験を積んだ後、自分の美容室を開業することも可能です。
    経営に関する知識や資金調達のスキルが求められます。
  6. 美容教育者・講師
    美容専門学校の講師や、技術指導者として活躍する道もあります。
    教育的なスキルや最新の美容技術に関する知識が必要です。

美容師としてのキャリアは、自分の努力次第で多様な道が開かれています。自分の目標を明確にし、計画的にキャリアを積み上げていくことが重要です。

 

美容室の選び方

美容室の選び方は、美容師としてのキャリアに大きな影響を与えます。自分に合った美容室を見つけることは、スキルを最大限に活かし、成長するために非常に重要です。ここでは、美容室の選び方について詳しく解説します。

自分に合った美容室の見つけ方

  1. 目標とキャリアプランを明確にする
    自分がどのような美容師になりたいのか、将来的な目標を考えます。カット技術を極めたい、カラーリングに特化したい、ヘアメイクも学びたいなど、具体的なキャリアプランを持つことが重要です。
  2. 美容室のスタイルや雰囲気を確認する
    各美容室には独自のスタイルや雰囲気があります。おしゃれなサロン、リラックスできるサロン、ファミリー向けのサロンなど、自分の性格や目指すスタイルに合った美容室を選びましょう。
  3. 教育体制とサポートを調べる
    新人教育が充実しているか、トレーニングや研修制度が整っているかを確認します。技術をしっかり学べる環境が整っているかどうかは非常に重要です。
  4. スタッフの雰囲気と働きやすさをチェックする
    先輩スタッフや同僚とのコミュニケーションがスムーズであることは、働きやすさに直結します。スタッフ同士の関係が良好かどうか、チームワークがあるかどうかを見極めましょう。
  5. 口コミや評判を確認する
    インターネット上の口コミや評判を調べ、実際に働いている人や顧客の声を参考にします。特に働きやすさや教育体制についての評価は重要です。
  6. 実際に見学や体験入社をする
    興味のある美容室には、見学や体験入社を申し込み、実際の職場の雰囲気や業務内容を体験してみましょう。見学や体験入社は、自分に合うかどうかを判断するための有効な手段です。

 

都市部と地方の美容室の違い

都市部と地方の美容室には、それぞれ特徴があります。どちらが自分に合っているかを考える際には、以下のポイントを参考にしてください。

  1. 顧客層の違い
    都市部→ファッションに敏感で、最新のトレンドを追求する顧客が多いです。多様なスタイルや技術が求められることが多く、幅広い技術を学べる環境です。
    地方→地域密着型で、常連客が多く、家族連れや年配の方も多いです。安定した顧客層があり、親しみやすい接客が求められます。
  2. 美容室の規模と設備
    都市部→大型サロンや高級サロンが多く、設備が充実していることが多いです。最新の技術やトレンドに触れる機会が多いです。
    地方→小規模なサロンが多く、アットホームな雰囲気の中で働けます。地域のニーズに合わせたサービスが求められます。
  3. キャリアの機会
    都市部→多くのサロンが集まっているため、転職やキャリアアップの機会が多いです。セミナーや講習会なども都市部で開催されることが多いため、自己研鑽の機会が豊富です。
    地方→地域に根ざした長期的なキャリアを築きやすい環境です。地元での評判や信頼関係を築くことが重要です。
  4. 生活環境の違い
    都市部→交通の便が良く、仕事以外の生活も充実しやすいです。ただし、家賃や生活費が高くなる傾向があります。
    地方→自然環境が豊かで、生活コストが比較的低いです。仕事とプライベートのバランスを取りやすい環境です。

自分のライフスタイルやキャリアプランに合った美容室を選ぶことが、充実した美容師ライフを送るための第一歩です。各美容室の特徴をしっかりと見極め、自分に最適な環境を見つけましょう。

 

美容室の求人情報の探し方

美容室の求人情報を効率よく探すためには、さまざまな方法を組み合わせることが重要です。ここでは、求人サイトの活用方法、美容専門学校のキャリアセンターの利用、ネットワーキングと紹介について詳しく解説します。

求人サイトの活用方法

求人サイトは、美容室の求人情報を手軽に検索できる便利なツールです。以下のポイントを押さえて、効果的に活用しましょう。

  1. 主要な求人サイトをチェックする
    美容業界に特化した求人サイトを利用します。例えば、「リクナビ美容」「美容バイト.com」「ジョブメドレー」などがあります。
    一般の求人サイトでも、「Indeed」「マイナビ転職」など、美容室の求人情報が掲載されていることがあります。
  2. キーワード検索を活用する
    検索キーワードには「美容師」「ヘアスタイリスト」「アシスタント」などの職種名を入れます。
    地域名や特定の条件(例:正社員、パート、未経験可)を組み合わせることで、希望に合った求人を絞り込みます。
  3. メールアラート機能を利用する
    希望条件を登録しておくと、新着求人がメールで通知されるアラート機能を活用します。これにより、最新の求人情報を逃さずチェックできます。
  4. 企業情報を確認する
    求人情報だけでなく、企業のホームページや口コミサイトも確認し、サロンの雰囲気や働きやすさを事前に把握します。
  5. 応募前に応募書類を整える
    履歴書やポートフォリオを事前に準備しておきます。求人サイトによってはオンラインで応募書類を提出できる場合もあります。

オススメの求人サイト

 

美容専門学校のキャリアセンターの利用

美容専門学校のキャリアセンターは、学生や卒業生向けに多くのサポートを提供しています。以下の方法で活用しましょう。

  1. 求人情報の提供
    キャリアセンターには、美容室から直接寄せられる求人情報が多数あります。これらの情報は、一般の求人サイトには掲載されていない場合も多いです。
  2. 就職相談とカウンセリング
    キャリアセンターのスタッフは、美容業界に精通したプロフェッショナルです。就職活動の進め方や履歴書の書き方、面接対策などのアドバイスを受けることができます。
  3. 企業説明会や就職フェア
    定期的に開催される企業説明会や就職フェアに参加しましょう。直接企業の担当者と話すことで、サロンの雰囲気や求める人材像を理解することができます。
  4. インターンシップの斡旋
    インターンシップを通じて、実際のサロンで働く経験を積むことができます。インターンシップは、就職後のミスマッチを防ぐためにも有効です。

ネットワーキングと紹介

ネットワーキングや紹介を通じて求人情報を得る方法も効果的です。以下の手段を活用しましょう。

  1. 業界イベントやセミナーに参加する
    美容業界のイベントやセミナーに参加し、他の美容師やサロンの関係者と交流します。人脈を広げることで、非公開の求人情報を得るチャンスが増えます。
  2. SNSを活用する
    InstagramやFacebook、TwitterなどのSNSで美容室のアカウントをフォローし、求人情報をチェックします。また、自分のアカウントで就職活動中であることをアピールすることで、紹介を受ける可能性もあります。
  3. 先輩や同期に相談する
    すでに就職している先輩や同期に相談し、求人情報や働きやすいサロンの情報を教えてもらいます。信頼できる人からの紹介は、安心感があります。
  4. 美容室の顧客からの紹介
    現在働いているサロンの顧客からの紹介も有効です。常連のお客様や取引先から、信頼できる求人情報を得られることがあります。

求人情報を探す際には、これらの方法を組み合わせて活用し、多角的に情報を集めることが重要です。自分に合った美容室を見つけるために、積極的に行動しましょう。

 

履歴書とポートフォリオの作成

美容師として就職活動をする際には、履歴書とポートフォリオの作成が非常に重要です。これらの書類は、自分のスキルや経験をアピールするための大切なツールです。以下に、美容師に適した履歴書の書き方、効果的なポートフォリオの作成方法、そしてサンプル作品の撮影と編集のコツについて詳しく解説します。

美容師に適した履歴書の書き方

  1. 基本情報の記載
    名前、住所、連絡先(電話番号、メールアドレス)などの基本情報を明確に記載します。
    顔写真を添付し、プロフェッショナルな印象を与える写真を選びましょう。
  2. 職歴と学歴
    学歴は新しい順に記載し、美容専門学校や大学などの情報を含めます。
    職歴は、インターンシップやアルバイトも含め、美容業界での経験を中心に記載します。具体的な業務内容や担当した役割を詳細に書きます。
  3. 資格・スキル
    美容師免許や関連する資格を記載します。
    特殊な技術や得意な施術(カット、カラー、パーマなど)についても詳しく書きます。
  4. 自己PRと志望動機
    自己PRでは、自分の強みや美容師としての目標を明確にアピールします。
    志望動機では、応募先の美容室に惹かれた理由や、自分がそのサロンでどのように貢献できるかを具体的に述べます。
  5. 職務経歴書の添付
    もし詳しい職務経歴がある場合は、職務経歴書を別紙で添付します。ここでは、具体的な業務内容や達成した成果を詳細に記載します。

効果的なポートフォリオの作成方法

  1. 作品の選定
    ポートフォリオに掲載する作品は、自分の技術力やセンスを最もよく表現できるものを選びます。
    カット、カラー、アップスタイルなど、さまざまな施術をバランスよく含めるようにします。
  2. 作品のレイアウト
    作品ごとに、施術前と施術後の写真を並べて掲載します。変化が一目でわかるようにすることが重要です。
    各作品には、施術の詳細や使用した技術、コンセプトなどを簡潔に説明するキャプションを付けます。
  3. クオリティの高い写真
    写真の質は非常に重要
    です。明るく、ピントが合った写真を使用し、モデルの表情や髪の質感がよくわかるようにします。
    自然光やプロの照明を使うと、作品の魅力が引き立ちます。
  4. ポートフォリオの形式
    デジタル形式と紙形式の両方を用意します。デジタル形式はPDFやオンラインポートフォリオとして保存し、面接時には紙形式を持参します。
    紙形式の場合、清潔感のあるファイルにまとめ、ページごとに工夫を凝らして見やすくします。

サンプル作品の撮影と編集のコツ

  1. 撮影の準備
    撮影前に、モデルの髪を整え、メイクや衣装にもこだわります。全体のバランスを考慮して、作品が一番美しく見えるように準備します。
    撮影場所は明るく、背景がシンプルな場所を選びます。雑然とした背景は避けましょう。
  2. 撮影技術
    カメラの設定を調整し、明るさやホワイトバランスを適切に設定します。スマートフォンでも、高品質な写真が撮れる場合がありますが、プロのカメラを使用するのが理想的です。
    複数のアングルから撮影し、正面、側面、背面の写真を含めることで、作品の立体感やディテールを伝えます。
  3. 写真の編集
    編集ソフトを使って、明るさやコントラストを調整し、写真のクオリティを高めます。ただし、過度な編集は避け、自然な仕上がりを心がけます。
    背景の不要な部分をトリミングし、作品が際立つようにします。
  4. ポートフォリオに掲載する前の確認
    完成した写真を、第三者に見てもらい、客観的な意見を参考にします。自分では気づかない欠点や改善点が見つかることがあります。
    最終的なチェックを行い、印刷やデジタルデータの形式を確認します。

履歴書とポートフォリオは、美容師としてのスキルや魅力を伝えるための重要なツールです。丁寧に作成し、自信を持って応募することで、希望する美容室への就職が近づきます。

 

面接対策

美容室への就職活動で面接は非常に重要なステップです。ここでは、面接でよく聞かれる質問と回答例、面接での服装とマナー、実技試験の準備と対策について詳しく解説します。

面接でよく聞かれる質問と回答例

  1. 自己紹介をお願いします
    回答例→「はじめまして、○○と申します。美容専門学校を卒業し、1年間アシスタントとして働いてきました。カットやカラーリングの技術を磨くために努力してきました。お客様に喜んでいただけるスタイリストを目指しています。」
  2. 当サロンを志望した理由を教えてください
    回答例→「御社のサロンは、トレンドを取り入れたスタイリッシュなスタイルを提供しており、技術の高さに魅力を感じました。お客様の満足度が高いことも志望の理由です。私もその一員として成長し、貢献したいと考えています。」
  3. 得意な技術や施術は何ですか?
    回答例→「特にカットが得意で、顔の形や髪質に合わせたスタイル提案に自信があります。また、カラーリングも好きで、新しいカラー技術を積極的に学んでいます。」
  4. あなたの強みと弱みを教えてください
    回答例→「強みは、コミュニケーション能力が高く、お客様との信頼関係を築くのが得意です。弱みは、完璧主義なところがあり、細部にこだわりすぎて時間がかかることがあります。しかし、その分、丁寧な施術を提供できるよう心がけています。」
  5. 将来の目標は何ですか?
    回答例→「将来的にはトップスタイリストとして、多くのお客様に信頼される存在になりたいです。また、自分のサロンを開業し、若手美容師の育成にも力を入れたいと考えています。」

面接での服装とマナー

  1. 服装
    美容師としてのセンスをアピールするため、清潔感のあるシンプルかつおしゃれな服装を選びます。カラーはモノトーンや落ち着いた色味が好ましいです。
    アクセサリーは控えめにし、派手すぎないようにします。髪型も清潔感を重視し、しっかり整えます。
  2. マナー
    面接には時間に余裕を持って到着し、遅刻しないようにします。5分前には受付を済ませるよう心がけます。
    挨拶は明るく元気に行い、笑顔で応対します。面接官の目を見て話すことも大切です。
    質問には簡潔かつ具体的に答え、相手の話をしっかり聞いてから答えるようにします。

実技試験の準備と対策

  1. 実技試験の内容を確認する
    実技試験では、カット、カラー、パーマなどが課題として出されることが多いです。事前に試験の内容を確認し、必要な道具を準備します。
  2. 技術の練習
    練習モデルを用意し、試験の課題に合わせた技術を繰り返し練習します。時間内に仕上げることが求められるため、スピードと正確さを意識します。
    自分の得意技術を強化し、苦手な部分を克服するための練習も行います。
  3. 試験当日の準備
    必要な道具や材料を事前に確認し、忘れ物がないようにします。道具は清潔に保ち、整然と配置しておきます。
    試験前にリラックスできるよう、深呼吸や軽いストレッチを行い、落ち着いた気持ちで臨むようにします。
  4. 実技試験中の注意点
    試験中は、焦らずに冷静に取り組むことが大切です。ミスをしても慌てずに対処し、最善を尽くします。
    美容師としてのプロフェッショナリズムを見せるため、丁寧な施術を心がけます。面接官の指示にしっかり従い、コミュニケーションを取りながら進めることがポイントです。

面接と実技試験は、自分のスキルや人柄をアピールする絶好の機会です。事前準備をしっかり行い、自信を持って臨むことで、希望する美容室への就職が近づきます。

 

働き始めの心得

美容室での初日は緊張と期待が入り混じる特別な日です。新しい環境でプロフェッショナルとしての一歩を踏み出すために、しっかりと準備をしておくことが重要です。ここでは、初日の準備と心構え、プロとしてのマナーと態度、職場でのコミュニケーションについて詳しく解説します。

初日の準備と心構え

  1. 服装と身だしなみ
    指定の制服がある場合は、それに従います。ない場合は、美容師としてふさわしい清潔感のある服装を選びます。カラーは落ち着いた色合いが良いでしょう。
    ヘアスタイルやメイクもプロフェッショナルとしての印象を与えるように整えます。
  2. 持ち物の確認
    必要な道具(ハサミ、コーム、ドライヤーなど)を忘れずに持参します。事前に職場に確認して、特別に必要なものがないか確認します。
    メモ帳やペンも持参し、必要な情報をすぐに書き留められるように準備します。
  3. 早めの到着
    初日は少し早めに到着し、余裕を持って準備できるようにします。職場の場所や交通手段を事前に確認し、遅刻しないようにしましょう。
  4. ポジティブな心構え
    新しい環境に対する不安は誰にでもありますが、ポジティブな心構えで臨むことが大切です。新しいことを学ぶチャンスとして前向きに捉えましょう。
    最初の印象は大切です。笑顔で挨拶し、積極的にコミュニケーションを取る姿勢を持ちましょう。

プロとしてのマナーと態度

  1. 挨拶と礼儀
    毎日の挨拶は基本です。出勤時や退勤時、そしてお客様に対しても明るく元気に挨拶をしましょう。
    礼儀正しい態度を心がけ、上司や先輩、美容室の他のスタッフに対して敬意を持って接します。
  2. 時間厳守
    勤務時間を守ることはプロフェッショナルとしての基本です。余裕を持って行動し、時間に遅れないようにしましょう。
    約束した時間を守ることも重要です。お客様との予約時間を厳守し、遅刻やドタキャンは避けましょう。
  3. 積極的な姿勢
    仕事に対して積極的な姿勢を持ち、分からないことがあれば率直に質問しましょう。学ぶ姿勢を見せることで、周りからもサポートを得られやすくなります。
    進んで業務を手伝うなど、自発的に動くことで、チームの一員として信頼を得ることができます。
  4. お客様への配慮
    お客様に対しては、常に丁寧で親切な対応を心がけます。笑顔で接し、丁寧な言葉遣いを心がけましょう。
    お客様の要望や意見をしっかりと聞き、最適なサービスを提供することを目指します。

職場でのコミュニケーション

  1. オープンな態度
    新しい職場では、オープンな態度でコミュニケーションを取ることが重要です。積極的に話しかけ、名前を覚え、チームの一員として早く馴染むように努めます。
    自分の意見や考えをはっきりと伝えることも大切ですが、同時に他の人の意見にも耳を傾けましょう。
  2. フィードバックの受け入れ
    仕事のフィードバックは、自分の成長に欠かせないものです。上司や先輩からのアドバイスや指摘を前向きに受け入れ、改善に努めます。
    フィードバックを受けた際には、感謝の意を示し、次に活かす姿勢を見せましょう。
  3. チームワークの重要性
    美容室ではチームワークが非常に重要です。他のスタッフと協力して業務を進めることで、効率的に仕事をこなし、お客様に最良のサービスを提供できます。
    困った時や忙しい時には、遠慮せずに助けを求めると同時に、自分も他のスタッフをサポートする姿勢を持ちましょう。
  4. コミュニケーションの工夫
    日常的なコミュニケーションを大切にし、ランチタイムや休憩時間などを利用して他のスタッフと交流します。
    定期的なミーティングや打ち合わせを通じて、情報共有をしっかり行い、全員が同じ目標に向かって働けるようにします。

初日からプロフェッショナルな態度と良好なコミュニケーションを心がけることで、職場での信頼を築き、スムーズに仕事に馴染むことができます。これらの心得を実践し、充実した美容師ライフをスタートさせましょう。

 

キャリアアップのためのスキルアップ

美容師としてのキャリアを積み上げるためには、常にスキルアップを意識し、継続的な学びとトレーニングを続けることが重要です。新しい技術やトレンドを習得し、セミナーや講習会を活用することで、より高いレベルの美容師として成長できます。以下に、その具体的な方法を紹介します。

継続的な学びとトレーニング

  1. 自己研鑽の時間を確保する
    日々の業務に追われる中でも、自己研鑽の時間を確保することが大切です。例えば、毎週一定の時間を技術練習や理論学習に充てるようにしましょう。
    自宅でのトレーニングや、オンラインでの学習リソースを活用して、スキルの向上を図ります。
  2. フィードバックを活かす
    上司や同僚からのフィードバックを積極的に受け入れ、自分の技術やサービスを改善していく姿勢が重要です。
    定期的に自己評価を行い、目標を設定して達成することで、継続的な成長を実現します。

新しい技術やトレンドの習得方法

  1. 業界雑誌やオンラインリソースの活用
    最新のヘアスタイルや技術を知るために、業界雑誌やオンラインの美容サイトを定期的にチェックします。これにより、最新トレンドや技術の情報を得ることができます。
    YouTubeやInstagramなどのSNSでも、美容師が技術を紹介している動画や投稿が多く、視覚的に学ぶことができます。
  2. 現場での実践
    新しい技術を習得したら、実際にサロンでお客様に提供することで、実践的なスキルを磨きます。
    同僚や先輩と一緒に技術練習を行い、お互いにフィードバックをし合うことで、効率的に技術を向上させます。

セミナーや講習会の活用

  1. 定期的な参加
    美容業界では定期的にセミナーや講習会が開催されています。これらに積極的に参加することで、最新の技術やトレンドを学ぶことができます。
    美容専門学校や業界団体が主催する講習会も有効です。質の高い教育を受けることで、自信を持って新しい技術を習得できます。
  2. ネットワーキングの機会
    セミナーや講習会は、他の美容師や業界関係者と交流する絶好の機会でもあります。ネットワーキングを通じて、情報交換やアドバイスを受けることができます。
    自分の技術やアイデアを共有し、新しい視点や方法を取り入れることで、さらなる成長が期待できます。

具体的なステップ

  1. スケジュール管理
    忙しいスケジュールの中で学びの時間を確保するために、計画的なスケジュール管理を行いましょう。スマートフォンのカレンダーやアプリを活用して、学習や練習の時間を確保します。
  2. 目標設定
    短期的な目標(例:次の3ヶ月で新しいカット技術をマスターする)と長期的な目標(例:1年以内にトップスタイリストになる)を設定し、その達成に向けて計画を立てます。
  3. 継続的な評価と改善
    定期的に自己評価を行い、達成状況を確認します。達成できた目標に対しては次の目標を設定し、達成できなかった場合は改善点を見つけて再挑戦します。

 

美容師としてのキャリアアップには、常に学び続ける姿勢が欠かせません。最新の技術やトレンドを取り入れ、自分のスキルを高めることで、お客様に最高のサービスを提供し、信頼される美容師として成長できます。薩摩切子などの伝統技術にも興味を持ち続け、新しい技術と融合させることで、独自のスタイルを確立していくことも可能です。セミナーや講習会の活用を通じて、さらに自分の技術を磨いていきましょう。

 

babelの美容室

LUCE(ルーチェ)

予約はこちらから

公式ホームページ

公式Instagram

Luce

 

【住所】

561-0802

大阪府豊中市曽根東町1-10-31 イーストアズ ワン

 

【TEL】

06-6843-1873

※電話予約可能◯

 

【定休日】

毎週月曜日・第2・3火曜日

 

【営業時間】

受付時間/10:00~19:00(予約優先制)

最終受付/カット:19:00

カラー・パーマ:18:00

カラー&パーマ縮毛矯正:17:00

 

予約はこちらから

SOLANA(ソラーナ)

予約はこちらから

公式ホームページ

公式Instagram

 

【住所】

〒563-0032

大阪府池田市石橋3丁目4-2

 

【TEL】

TEL: 072-734-8439

※電話予約可能◯

 

【営業時間】

営業時間: 10:00~19:00(予約優先制)【各種カード使えます】

 

【定休日】

毎週月曜日・第2・3火曜日

 

予約はこちらから

Company Information

〒553-0003

大阪府大阪市福島区福島2-9-1 カーサウエダ1F

Contact
06-6152-5572(平日 9:00 - 18:00)

採用に関するお問い合わせは

Recruit
株式会社babel