女性限定ブログ!ヘアケアマイスターが伝えるダメージを抑えられるコテの使い方

皆さん、こんにちは😊

 

今日のブログはなんと!

以前お伝えした様に女性向けの記事です!

(詳しくはこちらを💁‍♂️)

男性限定ブログ!【簡単!フェードスタイルのセット方法】

 

前回フェードのブログを書きながら女性向けのブログの記事って何が良いかなと考えました!

 

そこで思いついたのがやはり

【巻き髪のやり方】でした!

 

最近ではYouTubeなど動画で簡単で直感的に伝えてくれる物もあり知識を吸収しやすい環境です✨

ただ『文字』だからこそ伝えられる事もあると思い今回は少し理論的にお伝えしていこうかなと思います!

※そんな難しいことを言うわけではないので読むのやめないで😂

 

 

では早速!

 

 

今日お伝えするポイントのご紹介✨


・コテで出来ること

・コテ巻きのメリットデメリット

・コテで巻く前に…

・コテ巻きのやり方


 

以上4つに分けてお伝えしていこうと思います!

 

『早くコテの巻き方教えてよ!』と思われる方も大事なことなので是非全て読んで頂けると嬉しいです!

 

 

 

 

では行ってみましょう👉

※今回お伝えしているコテの設定温度などはカラーを一度でもした事ある方に対しての巻き方になっております。

カラーなど一度もした事ない方は少し変わりますが基本的には一緒だと思ってもらえればと思います。

 

 

 


①コテできること

はい!こんなわかりきってる事を何を今更と思われる方も多いかもしれませんが

改めてここを整理していこうと思います!

 

【コテ】というのは髪にカールを付け印象を変えてくれる便利なアイテムです!

 

コテには様々なサイズがあり

定番なのは【26mm】【32mm】の太さ

他にも【19mm】【38mm】といったサイズがあります!

 

この数字はなんとなく皆さんもわかっているとは思いますがコテの直径の数値です!

 

数字が小さければ細かい巻きができますし、大きければ緩やかな巻きができます!

 

数字が小さければショートスタイルに適していて大きければロングスタイルに合うとイメージしてもらえればわかりやすいと思います😊

(スタイルによってはあえてロングスタイルで細かい巻きをする事もあります)

 

『コテ巻きがうまく出来ない…』

 

なんて時は一度コテの太さが目指すスタイルに適しているのか?というのを見直してみるのも良いですね✨

 

 

 


②コテ巻きのメリット、デメリット

【コテ】というのは本当に便利なアイテムですよね🤔

 

温度設定して温度が高まるまで化粧してから巻き始めるなんて流れはかなり鉄板ではないでしょうか?(笑)

 

サッと巻いてパッと離せばカールがクリンと付いているわけですから冷静に考えて凄いですよね😳

恐らくですが発売された時は美容業界に激震が走ったのではないかと予想していますw

 

ただ使い方を間違えると髪にとって良くない物に変化してしまうのもコテの怖いところ!

そこを理解すればこんな便利な物はないのでそこをお伝えいたします!

 

 

【メリット】

・ヘアスタイルを自由に楽しめる

 

はい!この1つしかありません!(笑)

コテの最大の魅力ってここですよね!

お出かけのシーンに合わせてエレガントに巻いてみたりナチュラルに巻いてみたり髪質に左右されずパッと作りたい髪をコテ1つで作れる!というのは唯一無二の魅力だと思います😊

 

 

 

【デメリット】

・髪のダメージを促進させてしまう

・カラーの色持ちが悪くなる

 

コテを使う上で必ず付いてくるのがこの2つのデメリットです!

最近ではこれを知って正しい使い方をしている人も増えてきた印象ですがまだまだ知らない方も多いと思います!

どうかそんな方にこのブログが届きます様に…

 

まず【髪のダメージ】に関してですがなんとなくダメージするのは知ってる方も多いと思います!

 

 

でも何故ダメージするのか?

そのダメージの危険性とは?

 

ここをお伝えしていきます!

 

コテによるダメージは【熱】による物です!

 

お客様と話していてコテで巻く時

『何度で巻いてるんですか?』

と聞くと『180度』と答える人が割といます!

 

中には『200度』と答える人まで😱

これはいけません!

 

もちろん、髪質などにもよりますがそれでも『200度』は高すぎます!

 

髪を完全に殺しにいってます!

人間で言うと大火傷です!

 

適度な温度は

【150度~170度】がベスト!

 

温度が高いと巻けないと思われてる方も多いみたいですがそんな事はありません!

ちゃんと巻けます!

 

確かに温度が高いと簡単に巻けます

 

でもこれは『諸刃の剣』で髪に対して取り戻せないダメージを与えてしまっているのです😂

 

髪にはタンパク質がたくさん含まれているのですが高温の熱を与えるとこのタンパク質が【タンパク変性】を起こします

どうなるかと言うと髪が硬くなってしまうんですね

 

実はこれ身近な物でも同じ現象が起きているんですが【卵】ありますよね?

この【卵】使った代表的な料理

目玉焼き🍳

実はこれも同じ【タンパク変性】が起きているんです

焼く前は液体なのにフライパンの上に落とすと固まって固まり目玉焼きになります!

※僕は醤油派です

 

 

つまり高温で髪を巻くと目では見えませんが髪の中では同じ事が起きているんですね!

 

じゃあダメージしたらトリートメントして治せば良いやん!って思われる方もいるかもしれませんが冷静に考えてください。

目玉焼きって生卵に戻りますか?

戻らないですよね?

一度【タンパク変性】してしまうともう2度と元の髪の毛には戻らないです😂

 

 

しかも髪の中身が硬くなる事でカラーやパーマも当たりにくくなってしまいます…

なんと恐ろしい…

 

なので180度~200度で巻いているそこのあなた!

今すぐやめてください!

 

150度~170度でもしっかり巻けます!

 

『すぐ取れちゃうよ!』なんて声も聞こてえきそうですが

実はこれにはコツがありまして

しっかりと熱を浸透させるのがポイントなのです!

 

どういう事かと言うと

髪を巻いた時クルクルって巻いてから割とすぐ離しちゃう人多いと思います!

そりゃ180度~200度でやってたらすぐさま離してほしいですが😓

150度~170度なら少し時間を置いても問題はありません!

(1分以上も置くのはやめてくださいね💦)

 

巻いてから髪にゆっくりと熱を浸透させるイメージで長くても5秒程度待ちます。

人間もめちゃくちゃ熱い物はもう触ることもできませんが38度とかなら問題ないですよね?

お風呂とかと同じイメージでじっくりと浸透させていくのがポイントです!

そうする事で髪のカールのキープ力も上がり取れにくくなりますよ😊

なので高温で巻いてる人は今すぐやめて150度~170度で熱を浸透させる様に巻く事をオススメします!

 

 

 


③コテで巻く前に…

ではこれでコテの設定はわかりましたね✨

次はコテで巻く前の髪の状態についてです!

皆さんはどんな状態で髪を巻く事が多いですか?

【シャワー浴びて髪を乾かしてから】

【寝癖のまま】

 

いろんなシチュエーションがあると思いますが最低限巻く前にこれだけはしておいてくださいという事をお伝えします!

 

・完全に乾いている状態で巻く事

シャワー浴びた後に髪を巻く時少し濡れてる状態で髪を巻いてしまう人がいます

実はこれ髪にとってめちゃくちゃ危険で

髪というのは濡れていると表面のキューティクルと呼ばれるものが開いている状態です。

(乾いている時は閉じています)

 

開いている状態でまたアイロンの熱を加えると髪の中までダイレクトに熱が加わり水分が一気に蒸発します

そうなると髪がパサパサしてまとまりが効かない髪の毛にはなってしまいす😓

なので巻く前はしっかりと乾かしておきましょう!

 

・寝癖のまま

このまま巻くのは特に悪い事ではありませんができればして欲しい事があります!

【ブラッシングです】

髪に寝癖がついているという事は髪に多少絡まりがあったり毛流れがまとまっていないという事です

この時にそのまま巻いてしまうとコテが髪に引っかかったりしながら引っ張ることになるのでキューティクルが剥がれてしまったりして艶感が失われたりとダメージを促進させてしまいます。

なのでブラシでしっかりと巻く方向に向かって髪を整えてあげましょう!

 

欲を言えば少し濡らして乾かしてからコテで巻く事をオススメします!

その方がスタイルもまとまりやすいし楽なので😊

 

後はミストをつけて巻く人もいるとは思いすが個人的にはどちらでも良いのかなと思います!

確かに髪の保護をしてくれるのでオススメではありますが熱を適温ですればダメージの促進は抑えれますのでここに関してお好みでして頂ければと思います!

あ、でも髪のダメージが気になる人や既にブリーチなどしてダメージが見られる人はつける事を推奨します!

そしてミストを付けた後は簡単にで良いので少し乾かしましょう!

ヘアミストも水分です

髪が濡れた状態で巻くと…

さっきお伝えした通りです😓

 

 

 


④コテ巻きのやり方

やっと皆さんの知りたい本題ですね!

正直ここに関してはYouTubeなどで皆さんも勉強されていると思うので多くを言うこともありませんが

 

髪を巻く時に意識するとすれば引き出す角度とコテの形です!

引き出す角度は45度がオススメです

 

火傷もしにくいしスタイルとしても可愛く仕上がるので😊

 

後はよくあるのが髪をコテで挟む時に勢いよく挟みすぎて髪にラインが入ってしまう事です!

コテというのは曲線を描いているので引き出している髪に対して水平に入れてしまうとコテの挟んでいる両端の部分がギュッと押されてしまう形になります!

そうなると押されたところに線みたいなのが入りこれがダサい感じになります😂

 

なのでコテを入れる時はコテの上の端の部分を引き出している髪に合わせて優しく挟んであげましょう!

そうする事で髪にラインが入る事を阻止できますし可愛く仕上げる事ができます!

 

後は②でもお伝えした温度だったりを意識して巻いていくとダメージなど危険を抑えながら可愛くスタイリングする事ができます!

 

 

 

 

コテは基本的に【便利な物】です!

ただ使い方を間違えると髪に対して取り返しのつかないダメージを与えてしまうというリスクのある物でもあります!

しっかりと使い方を理解して使って頂ければこんな便利な物はないと思っていますので皆さん是非正しく使いましょう😊

 

 

 

 

今回かなり長文のブログになってしまいましたが最後まで読んで頂きありがとうございます!

皆さんのお役に立てれば幸いです!

勉強になったらSNSで拡散してくださいね🙏

 

明日から二日間はブログを書けそうにありませんが水曜日にはまたブログを投稿していこうとおもいますので何卒宜しくお願いします🥺

 

babel groupの美容室も紹介しておきますね😊

僕の知識はここから学んだ物です!

確かな技術と知識を提供いたしますので是非お越し下さい✨

 

 

・LUCE(ルーチェ)

予約はこちらから

公式ホームページ

公式Instagram

Luce

 

【住所】

561-0802

大阪府豊中市曽根東町1-10-31 イーストアズ ワン

 

【TEL】

06-6843-1873

※電話予約可能◯

 

【定休日】

毎週月曜日・第2・3火曜日 

 

【営業時間】

受付時間/10:00~19:00(予約優先制) 

最終受付/カット:19:00 

カラー・パーマ:18:00 

カラー&パーマ縮毛矯正:17:00

 

予約はこちらから

 

 

・SOLANA(ソラーナ)

予約はこちらから

公式ホームページ

公式Instagram

公式Instagram(メンズ専用)

 

 

【住所】

〒563-0032

大阪府池田市石橋3丁目4-2

 

【TEL】

TEL: 072-734-8439

※電話予約可能◯

 

【営業時間】

営業時間: 10:00~19:00(予約優先制)【各種カード使えます】

 

【定休日】

毎週月曜日・第2・3火曜日

 

予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

ではまた!

 

 

【前回のブログ】

今さら聞けない!?オーガニックのメリットデメリットとは?徹底解説!

 

 

babel公式Youtube

 

babel公式Instagram

 

babel公式Twitter

 

美容室2店舗

LUCE

SOLANA

理容室2店舗

Third Place

REGALO

 

-大阪から世界へ-

From Osaka to the world It’s cool because we’re crazy Made in Osaka

を掲げ

大阪から世界へ発信

【株式会社babel (バベル)】

美容と理容の壁を越えお互いの技術を習得。

理美容の概念をぶち壊し【お客様第一主義】

で最高のパフォーマンス集団であるために、、、

Company Information

〒553-0003

大阪府大阪市福島区福島2-9-1 カーサウエダ1F

Contact
06-6152-5572(平日 9:00 - 18:00)

採用に関するお問い合わせは

Recruit
株式会社babel